メッセナゴヤ「知財ビジネスフォーラム」

岐阜の製造業も多く出展されていました。
中小企業がビジネスチャンスをつかむ場であると感じました。
岐阜IT協同組合の出展などもあり興味をもって見てきました。
KIMG0354_20151203142748caa.jpg
今回一番の目的は「知財活用ビジネス交流会」での講演です。
特に下町ロケットのモデルともなった弁護士・鮫島氏の講演です。
「下町ロケットに学ぶ中小企業の知財戦略。経営戦略」という講演でした。
特許を有効に利用することで、中小企業の経営戦略を図るというものです。
特許取得にもコストがかかるため、コストと実益のバランスを考えることも必要です。
また特許から直接利益を得ることを考えるだけではなく、特許により自社の技術を守り市場占有を考えることも必要なようです。
また逆に大手では特許を開放し、中小企業との技術提携などをしていこうといった動きもあるようです。
下町ロケットの小説ができあがる過程も少し見えたようで、池井戸ファンとしては難しい話しでしたが興味をもって聞くことができました。
会社が、会社で働く仲間が元気になるよう知財(特許)を活かしていければと思います。
KIMG0355_20151203142750e4c.jpg
<今回の視察で得たキーワード>
特許庁 中小企業連携 → 地方創生
内閣官房 知財政策 知財推進計画(中小企業)

記事を書いた人: mino

旅行などのイベントやホームページ制作などを通して、コミュニケーションの活性化を図るなど様々な経営支援をご提案させていただきます。

コメントしてみませんか?

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。