個人情報保護法が改正されます

個人情報の取扱いが中小企業の皆さんにも厳しくなります。
2015年に改正個人情報保護法が成立したのに伴い本年中に施行される予定です。
2005年に施行された時は1日の取扱件数(個人情報)が5000件以上の事業者が対象とされましたが、枠が撤廃され1件でも取扱があれば対象事業者となります。
違反した行為があれば6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。
経済産業省からもリーフレットが発行されています。
kkh3.png
かなりわかりやすく作ったつもりでしょうが、
「保有個人データ」「個人情報データベース」「利用目的の適正」「オプトアウト」など、
使い慣れない言葉が並びわかりにくい内容となっています。
中小企業の皆さんにとっては単てきに
どうすればいいの?
といったところではないでしょうか。
これで十分とは言えませんが、
とりあえずこれくらいやっておいた方が良いと思うものを列記してみたいと思います。
まず個人情報にあたるものは、
名前、電話番号、住所などが入っている書類はすべて個人情報です。
そういった書類はすべてカギ付きの場所(引き出し)などに保管することが必要です。
drower.jpg
パソコン内にある個人情報も厳重に保管することが必要です。
パスワードの設定、またノートパソコンについては持ち出せないようデスクなどとロックが必要です。
prock.jpg
従業員の方にも周知徹底が必要となります。
誓約書などをとっておくと良いでしょう。
seiyaku.png
本年中(2016年)に施行される予定ですので、準備をしておきましょう。

記事を書いた人: mino

旅行などのイベントやホームページ制作などを通して、コミュニケーションの活性化を図るなど様々な経営支援をご提案させていただきます。

コメントしてみませんか?

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。